もみじ銀行住宅ローン

もみじ銀行住宅ローンのフラット35ってどんなの?

こちらでは、もみじ銀行が提供しているフラット35の概要についてご紹介したいと思います。

 

 

もみじ銀行では、独自の住宅ローンである新型住宅ローン、借り換え専用住宅ローンなどが提供されていますが、それらのローンとは別に、住宅金融支援機構と提携して提供している長期固定金利住宅ローン(フラット35)も取り扱っています。

 

 

もみじ銀行が提供している長期固定金利住宅ローン(フラット35)は、買取型と呼ばれる種類で、住宅ローンの債権を住宅金融支援機構が買い取って証券化します。

 

投資家が証券に投資することによって資金を集めることができます。

 

このような仕組みで長期間の固定金利を比較的安く設定することができています。

 

フラット35を提供している金融機関はもみじ銀行に限らず、多く存在していますが、金融機関によって、金利や利用条件などが若干異なります。

 

 

もみじ銀行のフラット35の利用条件は、下記の通りです。

申し込み時の年齢が満70歳未満で、完済時の年齢が満80歳未満である人
フラット35を含めた全ての借り入れに関する年間返済額が年収に占める割合が
 30%以下(年収400万円未満の場合)または35%以下(年収400万円以上の場
 合)であること

原則として、団体信用生命保険(機構団信)に加入できる人
居住地、勤務地、担保物件のいずれかがもみじ銀行の営業区域内にある人
過去に不渡り、カード事故、ローン延滞、租税公課の延滞等のない人
外国人については、永住許可、または特別永住者の許可を受けている人

 

住宅金融支援機構が定めているオリジナルの条件では、団体信用生命保険への加入は任意となっていますが、もみじ銀行のフラット35では原則として団体信用生命保険(機構団信)に加入しなければなりません。

 

なお、保険料はローン申し込み者自身が支払う必要があることに注意が必要です。

 

フラット35では、一般の住宅とは異なり、対象となる住宅にも条件が課せられます。

 

例えば、床面積が70m2以上(一戸建て住宅の場合)、または30m2以上(マンションなどの場合)で、住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合していなければなりません。

 

技術基準に適合するかについては、検査機関などにより物件検査を受ける必要があります。

 

また、住宅の取得金額が1億円以下という制限もついています。

 

 

融資金額は最高8000万円となっており、住宅建築資金や住宅購入価格の90%が上限となっています。

 

従って、残りの10%分と住宅取得の際に必要となる諸経費などについては、自己資金として準備する必要があります。

 

なお、フラット35の金利タイプは長期固定金利のみですが、契約時に支払う手数料を借入金額によらず定額とするか、借入金額に比例する定率とするかによって、ローン金利が変わります。

 

 

また、フラット35では、住宅金融支援機構自体が保証会社の機能を果たしますが、保証会社に支払う保証料は必要ありません。